スポーツ障害というと捻挫や膝の痛み

スポーツ障害というと捻挫や膝の痛み

スポーツ障害というと捻挫や膝の痛み、脱臼や肉離れなどのほか、腕や肩、足などを使いすぎることによって障害が起こることも言います。

痛む患部などは、無意識にかばうことが多く完治しても関節に歪みが出たり、背骨が曲がるなどの影響が出てきます。

体に負担のかからない体勢を作ることが患部の症状を回復させることに もつながります。

そんな時に有効なのが骨盤矯正で、骨盤が正しい状態になることで体への負担が軽減されて症状の回復にも役立ちます。

坐骨神経痛  

関連記事

  1. お灸とは、古代中国から存在する治療法です。

  2. ダイエット成功の決め手はメニュー作り

  3. おねしょには鍼治療